仙台市地下鉄定禅寺通り駅から徒歩1分 歯科ハーフムーンの院長日誌です。
by dc-halfmoon
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
歯科ハーフムーンHP
歯科ハーフムーン
以前の記事
2015年 11月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

四半世紀ぶりのシングルス(テニス)の試合

テニスをしている人であればお解かりだと思いますが、コート事情などもあり、シングルスの試合をするのは皆無です。特にこの歳になると尚更です。それにシングルスとダブルスは全く別物なのです。私は学生の時、年1回軽井沢で歯学部だけの団体戦に出場しておりました。今は千葉の白子町になったようです。オールデンタルと言います。その団体戦でもシングルス派でした。(シングルスとダブルスはダブって出ることはできません。)シングルスのほうが自分に合っていたし、勝率も上でした。そうそう同級生の松田聖子さんの旦那はダブルス派でした。彼はサウスポーでしたが、学生時代彼とずっと練習してきたので、私が未だにサウスポーを苦手にしていないのは彼のお蔭です。

その後、東北歯科医師テニス大会が毎年行われ、過去2回優勝、準優勝、3位数知れず…を目標にしてきましたが、当然ダブルスの試合で、私の昔からのパートナーが突然テニス引退?を表明しました。残念でなりません。今年は10数年続けてきたこの大会にはとうとう出場しないかもしれません。この試合で優勝するには、1日5試合しますが、確かに疲れますが、シングルスをし始めると、ダブルスの5試合なんてなんともないです。

そう!シングルスとダブルスとの一番の違いは、やはり体力です。シングルスはコートの端から端まで走ります。週1回ぐらいのスクール通いであれば無理無理!です。現在暇を見つけてはテニスしていますので…それも最近は22:00~24:00というのが多いのです。ということで四半世紀封印してきましたが、やっと体力に自身が出てきたので宮城県の大会に申し込みできるようになりました。5年ぐらいかかったかな?

テニスに限らず、スポーツはいいです。仕事、プライベートで嫌なことがあっても(私の場合プライベートでのストレスは0ですが)スポーツをしている間は忘れることができます。特に医療のストレスは半端ありません(笑)よくスタッフにも言っています。それにテニスというスポーツはかなりリーズナブルです。オヤジですのでウェアも気にしないし、ラケットは2年に1本買うぐらい?シューズだってそんな感じ、スクールであればボール代もいらない、テニスをしない時間に国分町に行っていたら?大変です。(私は基本的にお酒飲みません。)

先日宮城県の国体予選の45歳以上(私は45歳ではありませんが、上限はありません。70歳でも可)のシングルスに出場しました。3回勝つと国体強化選手?になれるのかな?そんな感じで、四半世紀ぶりのシングルスの試合をしました。1試合8ゲーム先取!ダブルスならあっという間ですが、シングルスの8ゲームは長い!長い!!

結果は2回勝ちまして、特に1試合目は私の得意のサウスポーの方でしたが、四半世紀ぶりの1試合目を8-0で完勝しました。2戦目も辛うじて勝ち、次の日の3回戦目は第2シードの方!レベルが全然違いました。1-8でおそらくその日の最短時間だったでしょう!で負けてしまいました。

そうそう1日2試合ですが、2試合終わった瞬間に全身痙攣してしまいました。すぐ治ったので大事に至りませんでしたが、そうとう心身に負担がかかったようです。シングルス2試合は過酷です。

これに懲りず、先日も宮城県のシングルスの大会(大きな大会が4、5つあるようです。)に出場しました。2回戦目に東北NO1?の今度は第1シードとあたり、やはりその日の最短試合だったでしょう!1-8で負けてしまいました。

これでシングルス3勝2敗です。2敗は第2シードと東北NO1だったので、今の私では到底適いませんが、まだ私にはまだ伸びシロがあります。日曜日にシングルスの練習も取り入れることにしました。

次は9月8日(日)です。やはり宮城県の大会です。出場するだけでポイントがもらえ、勝つたびにポイントがもらえ、それが次の年?に反映され、シード権がもらえるようです。初めから第1シード下に入ったらお終いですので、やはりこつこつとポイントを稼いで、まずシードを取らねばなりません。何のスポーツでも同じだと思います。

最後に、最近知った落ちです。国体予選に見事勝った、元同じスクールメンバーとテニスの練習をしたのですが、国体はいつですか?と質問しましたら、数年前から開催されていないとのこと…つまり国体予選とは名ばかりでした。以前の国体のテニスは、少年の部、成年の部、45歳以上のベテランの部と3つに分かれていましたが、数年前からベテラン部の開催がないようです。ということで先の大会で万が一第2シードに勝っても国体には行けませんでした。もう一度復活することを祈るばかりです。学生の時にお世話になった東北大学歯学部の生理学教室の和泉先生は、よくこの国体に出ていました。私もベテランの部の資格を得たら国体に出るのが夢でした。(少年、成年の部では、この仕事をしている限り到底無理)ベテラン部であれば何とかなると思っていましたら、夢のまた夢になってしまいました。そうそう和泉先生は、もう60歳代後半ですが、今もテニス現役バリバリです。
[PR]
by dc-halfmoon | 2013-08-08 13:25