仙台市地下鉄定禅寺通り駅から徒歩1分 歯科ハーフムーンの院長日誌です。
by dc-halfmoon
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

やはり歯周病

やはり歯周病をなんとかしないといけません。今日も歯周病との戦いが一番多いようでした。レントゲンを撮りますと歯周病はすぐわかります。歯槽骨(歯を支えている骨)がどこにあるか?でみます。(歯肉炎は、歯肉が腫れている状態であり、骨の破壊まで進んでいません。)歯槽骨が破壊されるわけですから、歯が支えきれずに、最終的に抜歯になってしまうのです。今の技術では助けることができるのでは?もちろんできます。しかし、歯石を取る程度では骨を再生することはできません。(PMTCを継続することで再生している患者さんが若干いますが…)手術しか戻せません。ではその手術とは?…書かないほうがいいかもしれません。ある患者さんに手術の内容を話しましたら、どうして全部言うの?手術方法など言わないで勝手にやってくれていいのに…なんて言われましたが、確かにこの説明の後の患者さんの恐怖心は伝わります。一応GTR法という手術が保険で認められています。興味のある方は、「GTR法」で検索してみてください。覚悟して見てください。(笑)

結論は、早期発見早期治療です。歯周病は一方通行で悪くなります。手術以外では骨は再生はしないのです。若いうちからの歯石(最近はバイオフィルム)を取るケアが大切です。1本の歯の価値は30万円です。これはインプラントに置き換えての価値であり、インプラントも一生大丈夫とは言えませんし、そのメンテナンスもかかるので1本50万円と考えて下さい。28本×50万円=すごい価値です。それを生かすのも人間としての責任です。半年に1回は定期検査しましょう。
[PR]
by dc-halfmoon | 2010-01-29 19:36

インプラント

最近インプラントのお問い合わせが多いようです。あの事件が、幸いにもインプラントの良さも広めてくれました。確かに噛めます。しっかり噛むことができますし、審美性も良好、他の歯にも負担がかからない…人間として一番大事な食事をすることが容易になります。しいては、胃腸の負担軽減、脳の老化防止、キチンと噛むことにより寝たきりのご老人が起き上ったという例もあるそうですので、しっかり噛むことは大事なことなのです。

今日も3本のインプラント決めていった患者さんがいます。一応当医院の利点は、WANDの麻酔(それこそこの麻酔は使い捨てなので感染防止になります。)を使用しての無痛治療をしていますし、インプラント部は必ず断層写真を撮ります。(手術部の3D化)この断層のレントゲンもデジタルレントゲンを採用していますので、放射線量が非常に少ないので安心です。さらに大学病院の口腔外科の専門の歯科医が手術します。最近導入しました無利息の分割制度も人気です。インプラントは、手術時に経費がかかりますが、実績、信頼がありますので分割にして回収が遅れたとしても、今のところ多少余裕(笑)がありますのでご安心下さい。それは開院20年の実績があることで可能と自負しております。(今まで通っていた歯科医院が閉院したので…という患者さんも最近多くなってきました。他医院でのインプラントのメンテナンスもお引き受けしております。)

私には、3人も子供がいます。私が、子供の将来を決めるようなことは決してしていませんが、幸いにも、後を引き継いでくれそうです。親子から先輩後輩になる日を楽しみにしています。私が将来この仕事を引退してもインプラントの補償は継続していかなければなりませんが、その点でもご安心してください。
[PR]
by dc-halfmoon | 2010-01-29 12:57

成長ホルモン(HGH)

http://www.store-mix.com/ko-bai/p_list.php?oid=11747&hid=142404

こういう商品がありました。加圧トレーニングは自分の体で生成されたHGHを効果的に引き出す方法ですが、それを高めるためのサプリのようです。多くのエステ、加圧トレーニング施設などで使われているようですが、8割がたの使い道は低身長症だそうです。つまり子供に使われているサプリなので、安全性は問題なさそうです。確かに5センチも伸びるのは望んでいませんが、あと2センチ…というのが多いようです。当医院のスタッフもそう言います。それだけでなくアンチエージングには最適だと思います。加圧トレーニングしても肌のハリが良くなったのは感じます。クリームなどの外部からのお手入れだけでなく、内部からも…どうでしょうか?

一応、成長ホルモンは、歯、特に歯肉にもいいのでお勧めです。もちろん製薬会社からもそう言われております。歯周病で弱った歯茎を引き締めるサプリとしても使えると思っていますので、私自身が早速使ってみます。もちろんこれはドーピングにはあたりませんので、テニスの大会に出てもOKです。

気に入りましたら、受付に置いておきます。12800円÷42包=300円ぐらいで、お試しできるようにしておきます。
[PR]
by dc-halfmoon | 2010-01-28 12:39

新型インフルエンザワクチン接種

今週の土曜日に当医院にて、接種することになりました。前にも書きましたが、TVでよく接種している映像見ますが、どうしてあんなに速く液を注入するのでしょうか?時間??がかかるから??ウチに来てくれる先生は、ゆっくり入れてくれます。そうすれば痛みが少ないのです。スタッフもわかっているので、皆外で受けずに当医院で受けます。以後患者さんも含めての集団接種も考えております。希望の方は、受付にお話し下さい。(季節性のインフルエンザも毎年当医院にて行っています。)人数さえ集まれば、当医院にて行うことができるのです。1,2名であれば難しいのでご了承下さい。
[PR]
by dc-halfmoon | 2010-01-27 18:17

インプラント使いまわし防止②

ありました。以前のブログで<インプラント使いまわし防止>で私が提案したカードがありました。今インプラントのメーカーからそういうカードがあるというのを教えてもらいました。有料だそうです。(本来インプラントに付けるべきだと思いますが…)しかしこれからは、当医院ではこれを採用します。インプラント治療を受ける患者さんには、必ずこのカード(まだ見ていませんが…)を発行します。これで使いまわしをしていないことの証明になるはずです。

やはりいくら口頭で使いまわししていないと言っても、証明にはなっていません。例の歯科医院の先生も未だに使いまわししていないと言っているとか??いないとか??…このように保証書かわりのもなる書面=カードをお渡しすることは、インプラント治療としては、当然だと思います。

そうそう今インプラントのカタログ見ましたが、このカードの存在がわかりません。ありました。新しいカタログにありました。この新しいカタログの隅々まで見ていませんでした。(タイムリーでこのカタログが届いたのが2週間前だったと思います。)いつからできたのでしょうか??急いで当医院では採用します。

このように各メーカーが動かないといけないと思います。その点では、当医院で採用しているJMMでは、カードがありましたので安心です。おそらく厚生労働省のフットワークは悪いと思いますので…そうしないと、ほとぼりが冷めたとき、またこういうことが起きますし、氷山の一角になりかねません。イケナイ!イケナイ!!また悪口!!笑
[PR]
by dc-halfmoon | 2010-01-27 13:00

加圧トレーニング

私は、当医院3階の「勾当台公園整骨院」で加圧トレーニングをしていますが、最近人気なので、なかなか予約が取れません。日中はガラガラのようですが、夕方がやはり人気です。私も夕方しかできません。たった30分の運動で健康が維持できます。特にここには、酸素boxがあるので、加圧トレーニング後の一番成長ホルモンが出るときに、有酸素運動が容易にできることです。さらに根本は整骨院なので、体のケアもしてくれます。それも保険がききます。再診であれば、500円でマッサージしてくれるので、安過ぎです。

今度さらに成長ホルモンがでるようなサプリメントを、安価で提供できるように提案してくれましたが、成長ホルモンは、歯の健康にも非常にいいものなので、今度、受付にも資料を置いておきますので、ご覧ください。

確か、ショーンコネリーが、実際人体から取った成長ホルモン注射をしていたとか…1000万ぐらいするそうです。(この人たちにとっては、1000万は1万円のようなものかも??)そういう注射ではなく、自分の体から引き出しやすくするサプリ、自分の体から引き出す加圧トレーニング・・・忙しい日本人、これからも流行るでしょう。

ただ、最初は大変楽でしたが、最近メニューが多く、たった30分でもへとへとです。へとへとになればなるほど、成長ホルモンはでるのですから、頑張らないと…今から30分行います。加圧トレーニングは資格のあるインストラクターとマンツーマンのトレーニングです。
[PR]
by dc-halfmoon | 2010-01-25 19:51

インプラントの使いまわし防止

今回の事件で、厚生労働省はどこまで動くのでしょうか?もし私が役人だったら、この使いまわしに関しては、簡単に解決できます。

まずインプラント1本に付き、カードを1枚作ります。そのカードには、そのインプラントのシリアルナンバーを書いておきます。製造年月日、手術できる有効期限、製造国なども記載します。手書きで手術日など書いてもいいかもしれません。転勤などで他県に行っても、カードを見せれば、継続治療もできる…どうでしょうか??

インプラント手術のときは、完全滅菌なので、箱に入ったインプラントを丁寧に開け、最終滅菌部は、術者のみが、触ることができますが、その最終のキャップのフタあたりに、シリアルナンバー記載のシールを張られていれば、

手術完了後に、そのシールをカードに貼りつけ、患者さんに渡せばいいのです。シールが貼られていなかったり、同じシリアルナンバーになっていない場合、カード自体が発行されていなければ、悪の「使いまわし」の可能性があります。簡単な解決法です。当然カード、シールともに、この世に1枚きりなので、これが保証になります。

全歯科医院、全インプラントメーカー行わなければなりません。

つまりすべてのインプラント手術は、このカード発行を義務付けないといけません。各歯科医院に掲示が必要です。インプラントを行う歯科医院の登録なども必要だと思います。抜き打ち検査なども必要かな??インプラント会社一社一社が同意または、このシステムへの改良も必要です。インプラントは、海外で作っているものもあるので、すべて日本で使うもの=このシステム以外は輸入禁止、認可しなければいいのです。当医院は、国産のjmm社(京セラ)を使用していますが、(理由は、半永久的に材料の供給を約束してくれます。)国産であれば、こんなことぐらい簡単に対応するでしょう。

実に簡単です。インプラントのボルト(フィクスチャー)は、数万円します。それぐらいの価値のあるものです。メーカー側の保証書が必要でもあるので、これぐらいのカード作るべきです。そうすれば、メーカー側も使いまわしがなくなり、有効期限が切れたものが使えない…新しく注文が増える…利益につながるのですから…私もこのシステムがあるインプラントに変更してもかまいません。

しかし厚生労働省は、動いてくれませんね??今回の事件で、使いまわしをした歯科医は、それが本当であれば、刑事事件です。ただ罰金などの民事事件ではありません。これに関しては、厚生労働省は動くと思いますが、しかし、こういうことが起きてから動く、実際どう対策するかわかりませんが、こういう事件を起こした厚生労働省にも責任があると思うのですが、どうでしょうか??これは、肝炎訴訟からずっと同じことが繰り返されています。おっと!!あんまり厚生労働省の悪口ばかり書くと、怒られますね?厚生労働省があっての医療です。厚生労働省しかできないことです。速やかな改善よろしくお願いします。
[PR]
by dc-halfmoon | 2010-01-25 18:01

インプラントの使いまわし

インプラントの使いまわしの疑惑で、心を病んでいる患者さんが多い中、大変不謹慎かもしれませんが、この悪い報道のお蔭で、インプラント治療が増えました。未だに日本では、歯を抜いたら入れ歯(義歯)しかないと思っている患者さんが多いこと、それからインプラントは高額だと思っている患者さんがいること、でインプラント眼中にない患者さんにも、インプラントの良さが伝わったようです。

高額ということについては、確かに一般治療、保険治療からすると、かなり高額ですが、当医院には、分割制度があります。無利息の分割なので、今現金は残しておいたほうがいい時代なので、分割する患者さんが多いのです。おそらく無利息分割と5%の利息の分割、ましてやカード会社の12%の利息では、支払い総額がかなり違うと思います。インプラント月々25,000円から可能です。それに入れ歯を何度も作り替えたり、特に保険のきかない入れ歯などもありますが、結局消耗品です。インプラントは一生使えるとは言えませんが、かなり強く、長持ちするようになってきました。(メンテナンスは絶対です。)それにインプラントは、食事を良く噛んで食べることができます。これは、何よりも一番の健康法です。

もちろん、すべてインプラントではありません。ブリッジや入れ歯のほうがいい場合もあります。随時ご相談承ります。
[PR]
by dc-halfmoon | 2010-01-25 16:33

新型インフルエンザワクチン接種

来週にでもワクチン打ちますが、当医院のスタッフは、ほぼ全員受けるそうです。(院長としても、全員義務付けることはできません。)アレルギーのある人、もうすでに近所で打った人以外、全員です。関心が高いのがわかります。
[PR]
by dc-halfmoon | 2010-01-23 16:30

インプラントの使いまわしをしていない証明

当医院では、今までインプラントがくっつかなくて、外したものを、全部ストックしています。今改めて見ても、汚くて再利用できるようなものではありません。特に当医院では、インプラントの中でも、高級なHAコート(インプラントはチタン製が多いのですが、そのチタンの表面にアパタイト=骨の成分をコーティング)を使用しています。同じメーカーのものでも、HAコートとそうでないものとでは、5,000円(1本5,000円ではありません。差が5000円です。)の差がありますが、5,000円高でも、HAコートは今後も100%使用していくつもりです。

このHAコートしているからこそ、1回限りの使用は当然です。擁護するつもりはありませんが、HAコートでなく、チタンだけのインプラントは、血液、タンパクで完全に取り除くことができれば、(家庭用洗剤ではダメです。超音波洗浄、滅菌処理)再利用できないこともないかな??少なくとも感染の問題はないと思います。しかし、HAコートは、なおさら再利用不可です。おそらくくっつかないでしょう。ミクロの世界では、そのアパタイトが目詰まり、変性おこしていますし、それを洗浄、滅菌では取り除けないはずです。

当然、使いまわしなどあり得ないのです。

当医院のインプラントの成功率は、今のところ97%です。5年経過していない患者さんもいるので、95%と予想しています。特に高齢の方のインプラントの脱落が目立つので、今のところ100本中3本脱落している計算です。(もし30歳~60歳までであれば、99%だと思います。)再治療では、100%成功しています(インプラントのやりなおしは料金頂いておりません。)が、その100本中3本の割合で脱落したインプラントはすべて保管しています。(当医院では、保管=廃棄という考えですが…)その私のコレクション(反省するためのコレクションです。)をお見せすることにしました。今それをスタッフに整理させています。患者さんの個人情報が絶対でないように、どこの歯の部分で、歯を入れてどれぐらいで脱落したか?など書いて、一つのケースに陳列しようと思っています。

これぐらいが、使いまわししていない証拠ですし、メーカーとも話し合いましたが、これ以上は証明できません。
[PR]
by dc-halfmoon | 2010-01-22 17:24