仙台市地下鉄定禅寺通り駅から徒歩1分 歯科ハーフムーンの院長日誌です。
by dc-halfmoon
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

セブ島 灼熱テニスプライベートレッスン②

さて、テニスのプライベートレッスンですが、日本で予約して行きました。シャングリラには、日本語を話せるスタッフが数人します。TELでジャパニーズオペレータープリーズでOKです。そうそう余談ですが、その方々が皆お綺麗な方でビックリ!!やっぱり日本人には適いませんね?セブ島は意外と韓国人多いし、フィリピンの女性もいいですが・・・。

その日、シャングリラには、お昼ごろ着きました。まずは、テニスコートの下見に行きました。そこには、コーチが一人いたので、今日プライベートレッスンをする由を言ったら、今ちょっとやっていかないか?と言われたので、ボール一カゴ打ちました。おいおい!こっちは準備運動もしていないのに、いきなり速い球を出してきます!!そんな速い球出さなくとも?!ちょっと持病の手首痛が出てしまう!!たった一カゴ(30球?)でも汗びっしょり!!これ以上はその後のスケジュールにも影響する!!

正直、このコーチでは??無理無理!!と思いましたが、午後からのコーチは違う人!!ということで、また16:00に来るよ!と言って引き上げましたが、汗は止まりません・・・

お昼を食べ、シャングリラのビーチで泳いで、その水着のままでテニスコートへ、15:30!!まだ暑いぞ!!コーチと自己紹介!!

フィリピンは、背が低い方が多く、ナトーコーチも小柄な50歳代!!私の一つ上でした。フィリピンでのBESTランキングは29位だったそうです。当然私よりもテニスは上手く!特にミスをしないテニスです。ハワイに行ったおやじA,Cよりも遥かに上手い!!さらに丁寧!!やった!!完全にフィリピン人!日本人に対して尊敬してくれている!!これは本当に大事です。

海外では少なからず人種差別はありますからね?特にハワイでは顕著です。そういうのには関わらなければ問題ありませんが、このブログに何度か書いていますが、ハワイでの夜釣りの人種差別には怒りました!!そういう対処法は2度と参加しなければいいのです。

このように日本人を立ててくれる!!実際、汗かいていると冷たい水、冷たいオシボリ、乾いたタオルなど、コートチェンジの合間に、このコーチ自身が提供してくれます。日本やハワイなどでは考えられません。

そうそうプライベートレッスン費は、コート代含めて1時間1700ペソ!約5000円!フィリピンにしては高いほうですが、天下のシャングリラホテルですから!!こんなもんでしょう!!

さて16:00になりました。コートの半分が日陰になっていますが、私はちと背が高いほうなので、これでは、ほとんど顔に日光が当たってします。当然ナトーコーチは半面でやることを提案してきました。良かった!!

レッスンの指示は私からお願いしました。

まずショートラリー!!あれ?彼は全然ミスしない!!私もショートラリーは得意なので、お互いミスしない・・・延々と続き、途中で休憩を申し出ました。というのも、やはり暑い!!気温32℃、コートの照り返しもある、熱帯雨林の壁があり、風も全くない!!体感気温40℃!!ショートラリーで汗びっしょりです。

その後、お決まりのロングラリーをして、私の苦手なボレーを40分お願いしました。最初はストレート、コート全面が日陰になってからクロスとボレー三昧!!どんどん私のボレーが上手くなっていくのと同時に、汗が吹き出てきて、3本目のお水を飲み干しました。そうそう氷水に入れた、冷えひえのお水を用意してくれます。(一本持参しましたが、無用でした。)タオルもいりません。2,3枚用意してくれます。

最後にもう一度、ロングラリーをして、16:55に私の体力限界で終わりました。灼熱はいつも以上に体力を消耗させます。おそらくこれ以上やってしまったら、今夜のアボカでのディナーが食べられなくなるかも?と思ったからです。アボカのディナー?コース料理を頼んだので、後日UPします。

当然このナトーコーチであれば、明日もお願いしたい!!ということで彼のスケジュールを聞き、次の日も16:00に予約してしまいました。(やはり用事があり、17:00からでは間に合わない。時間のある方は、絶対17:00にして下さい。)しかし、次の日はもっと灼熱でした。

灼熱のテニスプライベートレッスン!面白かった!!

a0128474_1152147.jpg


コートには、壁打ちできるところがあります。なんと往年のテニスプレーヤーが、それも我々世代しかわからないボルグやマッケンローも、錦織もそのうち書いてくださいね??ボルグにはぶつけられなかったので、やっぱりマッケンローを狙ってしまいます。皆同じ考え?マッケンローのところの壁が異常に崩れていました(笑)

ミスするとボルグが、「お前下手だね?」とボソッと言ってくれます。そう感じます。
[PR]
by dc-halfmoon | 2015-05-09 11:14
<< セブ島 灼熱テニスプライベート... セブ島 灼熱のテニスプライベー... >>